Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 マタイによる福音書1章18~25節

聖書の黙想と適用 マタイによる福音書1章18~25節(新共同訳 新約pp.1-2)

(1) ヨセフに対する主なる神の啓示(18~21節)

 マタイは、イエス・キリストの系図について述べた後、「イエス・キリストの誕生の次第」(18節)について語っている。それは短いながらも、驚きと神秘で満ちている。
 ヨセフはマリアと婚約をしたが、「二人が一緒になる前に」彼女の妊娠が「明らかになった」(18節)。マリアは「聖霊によって身ごもっ」(18節)た。だが、ヨセフにしてみれば、彼女が姦淫の罪を犯したと思うほかなかった。そのため、「ひそかに縁を切ろうと決心した」(19節)。
 しかし、「主の天使が夢に現れ」、「マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである」と告げられた時(20節)、ヨセフは全く新しい観点から彼女の妊娠を理解するようになった。マリアを主なる神の特別な恵みを受けた女性として見るようになったのである。
 マリアが身ごもった男の子は、「自分の民を罪から救う」(21節)ために主なる神が遣わして下さった救い主であった。ヨセフはイエス・キリストの誕生に関する証人の一人となった。

(2) 私達と共におられる主なる神(22~25節)

 マタイは、イエス・キリストの誕生において「主が預言者を通して言われていたことが実現」(22節)したと語っている。聖書は聖書によって解き明かさなければならない。
 主なる神の啓示は「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」(23節)というイザヤ書7章14節の預言の成就であった。「インマヌエル」――「神は我々と共におられる」という意味(23節)――という名は、主なる神がイエス・キリストにおいてご自分の民と共におられることを示している。
 イエス・キリストの誕生は、主なる神が人間の姿でご自分の民の内に来られた出来事である。イエス・キリストがこの世に来られたのは、罪に囚われている人間と世界を贖い、主なる神のご支配(神の国)の下に取り戻すためであった。
 ヨセフは、「主の天使が命じたとおり」、マリアを妻として「迎え入れ」(24節)、「男の子が生まれるまで彼女と関係することはなかった。そして、その子をイエスと名付けた」(25節)。「正しい人であった」(19節)ヨセフは、主なる神に対する従順を示した。