Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二9章1~5節

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二9章1~5節(新共同訳 新約p.335)
献金の準備」

「聖なる者たちへの奉仕」は、互いに刺激し合う時、更にやる気が出てくる。パウロは、コリントの聖徒達には「聖なる者たちを助けるための慈善の業と奉仕」に対する「マケドニア州の諸教会」の熱心を誇り(8章1~5節)、マケドニア州の教会には献金の準備を既に始めているコリントの教会のことを誇った。パウロマケドニア州の聖徒達に、コリントを含む「アカイア州では去年から準備ができている」と語った。ところが、いざコリントに行くと、献金の準備がまだ「できていない」ため、彼らが「恥をかくことになりかねない」と心配した。彼らは早くから献金を集めていたが、「やり遂げ」てはいなかった(8章11節)。そのため、パウロは、「兄弟たちを派遣」し、「以前」彼らが「約束した」献金をそれまでに準備するように勧めた。恵みに対する感謝に溢れ、祈りをもって準備する献金は、互いに対する祝福となる。