Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 詩編86章1~17節

聖書研究 詩編86編1~17節(新共同訳 旧約pp.923-924)

(1) あなたは私の神、私はあなたに依り頼む者(1~10節)

 主なる神が祈りに答えて下さるという確信は、契約関係においてのみ可能である。ダビデは、主を「わたしの神」(2節)として認め、自分は主なる神に「依り頼む」「僕」(2節、3節)であると告白している。これは契約を前提とした関係を表している。
 主なる神は、悔い改めて契約の中に留まる者の罪を赦して下さり、主の御名を「呼ぶ者に豊かな慈しみをお与えにな」る「恵み深」い御方である(5節)。恵みは契約の中に留まる者に与えられる主なる神の愛である。この愛の故にダビデは「わたしの魂をお守りください」(2節)と叫び求めることが出来た。そして、ダビデは「苦難の襲うときわたしが叫び求めれば/あなたは必ず答えてくださる」(7節)と確信していた。

(2) 主よ、あなたは情け深い神(11~17節)

 契約をしっかりと握っている人は、力強く祈ることが出来る。ダビデは、主なる神の「慈しみ」が自分を「超えて大きく」、「深い陰府から」自分の「魂を救い出して」下さることを確信していた(13節)。それ故、主なる神に「あなたの道をお教えください」(11節)と祈り求めた。
 その上で、ダビデは、主なる神の「まことの中を歩」むことを決意し、そのために主の「御名を畏れ敬うことができるように/一筋の心をお与えください」と主なる神に願っている(11節)。主なる神の恵みによって契約に更に献身する決意をしたのである。
 この時ダビデの「命を求め」ていた敵は、「傲慢な者」、「暴虐な者の一党」で、主なる神を「自分たちの前に置いてい」ない人々であった(14節)。ダビデは、主なる神が「憐れみに富み、忍耐強く/慈しみとまことに満ちておられる」(15節)方であり、必ず自分を「助け/力づけてくださ」(17節)ると信じていた。だから、彼は「わたしに御顔を向け、憐れんでください。御力をあなたの僕に分け与え/あなたのはしための子をお救いください。良いしるしをわたしに現してください」(16~17節)と大胆に祈ることが出来た。