Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Gary North Liberating Planet Earth Introduction

Gary North Liberating Planet Earth
【関心・疑問】

【論文名】
Introduction

【著者名】
Gary North

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
Liberating Planet Earth: An Introduction to Biblical Blueprints, Fort Worth, Texas: Dominion Press, 1987

【本文の構成】
Introduction
1. Christ and Liberation
2. The God of Liberation
3. The Enemies of Liberation
4. The Covenant of Liberation
5. The Liberation of the Individual
6. The Liberation of the Family
7. The Liberation of the Church
8. The Liberation of the State
9. The Liberation of the Economy
10. The Inevitability of Liberation
Conclusion

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
 Jesus’ words were blasphemy, unless He really was the Son of God. By Hebrew law, He was worthy of death (Leviticus 24:16), unless He really was the Son of God. By His resurrection from the dead (Matthew 28) and His ascension to heaven (Acts 1:9-11) to stand at the right hand of God (Acts 7:56), He proved that He was what He said He was. He was God walking on earth. He said plainly, "I and My Father are one" (John 10:30). (p.4)
 イエスが真に神の子でないならば、イエスの言葉は冒瀆であった。イエスが真に神の子でないならば、ヘブライの律法によってイエスは死に値した(レビ記24章16節)。死からの復活によって(マタイによる福音書28章)、また神の右に立つための(使徒言行録7章56節)天への昇天によって(使徒言行録1章9~11節)、イエスはご自分が言われた通りの者であることを証明された。イエスは地上を歩まれた神であった。イエスははっきりと言われた。「わたしと父とは一つである」(ヨハネによる福音書10章30節)。

【コメント】