Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, The Roots of Reconstruction, pp.1007-1008

Rousas John Rushdoony, The Roots of Reconstruction, Vallecito, California: Ross House Books, 1991, pp.1007-1008

"The philosopher Hegel, the spiritual father of Marx, John Dewey, and almost all modern humanists, saw the state as god walking on earth. The humanist is a very dedicated and religious man: he cannot be countered by lukewarmness. (Our Lord's indictment of the lukewarm is especially severe in Rev. 3:14-16.) The humanist's church, his lord and savoir, is the state. The salvation of man requires that all things be brought under the lordship of the state. Hence, the current moves against churches, Christian Schools, and Christian organizations  is a religious move, designed to further the humanistic salvation of man and society."

〈訳〉マルクスの霊的な父である哲学者ヘーゲルジョン・デューイ、そして近代の殆ど全ての哲学者は、国家を地上を歩く神と見なした。人間中心主義者はとても献身的かつ宗教的な人間である。というのは、人間中心主義者は生温さによって無力化されていないからである(生温さに関する私達の主の叱責はヨハネの黙示録3章14~16節において特に厳しい)。人間中心主義者の教会であり、主であり、救い主であるのは国家である。人の救いはあらゆる事柄が国家の主権の下に置かれることを要求する。それ故、教会やキリスト教学校、キリスト教団体に反対する現在の動きは、宗教的な動きであり、人と社会の人間中心主義的な救いを促進するものである。