Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. XVI. 1

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. XVI. 1
【関心・疑問】

【論文名】
XVI. THEOLOGY OF WORK

【著者名】
Rousas John Rushdoony

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
Systematic Theology, Volume II, Vallecito, California: Ross House Books, 1994, pp.1019-1078

【本文の構成】
1. Vocation and Work
2. Work and the Curse
3. Government as a Monopoly, or, The Politics of Death
4. Work and Confusion
5. Bramble Men
6. The Babel State
7. The Work of Christ
8. Work Versus Theft
9. Work and Dominion
10. Work and Just Measures
11. The Eschatology of Work
12. Holy Offices
13. Hierarchical Work
14. The Work Ethic
15. Work, Rest, and Leisure
16. The Clean Society
17. Work and Rest
18. The Prophetic Nature of Work
19. Faith and Work

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
 ソロモンは私達に「あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう」(コヘレトの言葉11章1節)と語っている。詩編126編5~6節においても、次のような言葉が書かれている。(p.1021)

「5 涙と共に種を蒔く人は/喜びの歌と共に刈り入れる。6 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は/束ねた穂を背負い/喜びの歌をうたいながら帰ってくる」(p.1021)

【コメント】