Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. XVII. 10

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. XVII. 10
【関心・疑問】

【論文名】
XVII. TIME

【著者名】
Rousas John Rushdoony

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
Systematic Theology, Volume II, Vallecito, California: Ross House Books, 1994, pp.1079-1135

【本文の構成】
1. The Moral Question
2. Eternity and Time
3. Time and History
4. Time, History, and Meaning
5. The Infallibility of Time
6. Time and Apostolic Succession
7. Dreams and the Determination of Time
8. The Philosophy of Time and the Sabbath
9. Time and the Idea
10. Calendar Time
11. Time, Sin, and Death
12. Biblical Time and History
13. The Logic of Time
14. The Hatred of Time
15. Theological Time
16. Future Time

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
 時について聖書が言及している箇所を幾つか見てみよう。(p.1114)

「あなたに向かってわたしは祈ります。主よ、御旨にかなうときに/神よ、豊かな慈しみのゆえに/わたしに答えて確かな救いをお与えください」(詩編69編13節) (p.1114)

「なぜなら、『恵みの時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしはあなたを助けた』と神は言っておられるからです。今や、恵みの時、今こそ、救いの日」(コリントの信徒への手紙二6章2節) (p.1114)

「全能者によって喜びを得/常に神を呼び求めることができるだろうか」(ヨブ記27章10節) (p.1114)

【コメント】