Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. XIX. 5

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. XIX. 5
【関心・疑問】

【論文名】
XIX. PRAYER

【著者名】
Rousas John Rushdoony

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
Systematic Theology, Volume II, Vallecito, California: Ross House Books, 1994, pp.1199-1227

【本文の構成】
1. Prayer
2. Matthew 6:8 and Prayer
3. John Calvin on Prayer
4. The Cure for Blindness
5. “Hallowed Be Thy Name:” Prayer and the Future
6. “Give Us This Day:” Prayer and the Present
7. Forgiveness and Prayer
8. “Lead Us Not into Temptation:” Reality and Prayer
9. The Doxology
10. Asking and Receiving
11. Prayer and Gratitude 1226

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
 このように、「御名が崇められますように」は本質的にそのすぐ後に続く内容に関係している。(p.1210)

「御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上にも」(マタイによる福音書6章10節) (p.1210)

【コメント】