Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

David Chilton Paradise Restored 16

David Chilton Paradise Restored 16
【関心・疑問】

【論文名】
16. The Consummation of the Kingdom

【著者名】
David Chilton

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
Paradise Restored: A Biblical Theology of Dominion, Tyler, Texas: Dominion Press, 1985, pp.143-148

【本文の構成】
PREFACE
Part One: AN ESCHATOLOGY OF DOMINION
 1. The Hope
Part Two: PARADISE: THE PATTERN FOR PROPHECY
 2. How to Read Prophecy
 3. The Paradise Theme
 4. The Holy Mountain
 5. The Garden of the Lord
 6. The Garden and the Howling Wilderness
 7. The Fiery Cloud
Part Three: THE GOSPEL OF THE KINGDOM
 8. The Coming of the Kingdom
 9. The Rejection of Israel
 10. The Great Tribulation
 11. Coming on the Clouds
 12. The Rise of Antichrist
 13. The Last Days
 14. The Restoration of Israel
 15. The Day of the Lord
 16. The Consummation of the Kingdom
Part Four: STUDIES IN THE BOOK OF REVELATION
 17. Interpreting Revelation
 18. The Time Is at Hand
 19. A Brief Summary of Revelation
 20. The Beast and the False Prophet (Revelation 13)
 21. The Great Harlot (Revelation 17-19)
 22. The Kingdom of Priests (Revelation 20)
 23. The New Creation (Revelation 21-22)
Part Five: TO THE ENDS OF THE EARTH
 24. Fulfilling the Great Commission
APPENDIX A-The Eschatology of Dominion: A Summary
APPENDIX B-Josephus on the Fall of Jerusalem

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
One Resurrection
1度の復活

 Before we can consider these points in greater detail, we need to be clear on one issue which was stated, but somewhat underplayed, in the preceding chapter. One of my most crucial assumptions is that there is one Resurrection, of both the righteous and the wicked. To many, of course, that will seem obvious. But it needs to be stated explicitly because there is much confusion on this point in some circles, led by teachers who assert not only multiple Resurrections, but that the Resurrection(s) of believers and unbelievers will take place on completely different occasions! There is no Biblical basis for such a position. The Scriptures plainly teach one Resurrection, at the Last Day; and the orthodox Christian Church, as reflected in her historic creeds, has always and everywhere affirmed this truth. The Bible says: (pp.143-144)
 私達がより詳細にこれらの点について考察する前に、1つの問題について明確にする必要がある。その問題のことは前の章においても述べたけれども、強調するのを些か控えた。私の最も重要な前提の1つは、〈正しい者と邪な者の復活が1度ある〉ということである。勿論、多くの人にとってはそれは自明のことだろう。しかし、それははっきりと述べられる必要がある。何故なら、団体によってはこの点に関して多くの困難があるからである。そこでは、複数の復活[がある]だけでなく、信者と非信者の復活は全く異なる時に起こると主張する教師によって導かれている! そのような立場には聖書的根拠はない。聖書は最後の日における〈1度の〉復活をはっきりと教えている。そして、正統的なキリスト教会は、歴史的な信条において表明されているように、この真理を常に、そして到る所で明言してきた。聖書には次のようにある。

 Fourth, Christ’s present reign, which began at His Resurrection and ascension, continues “until He has put all His enemies under His feet.” This statement comes from Psalm 110:1, where God the Father says to the Son: “Sit Thou at My right hand, until I make Thine enemies a footstool for Thy feet.” We know that at Christ’s ascension He did sit at the Father’s right hand (Mark 16:19; Luke 22:69; Acts 7:55-56; Rom. 8:34; Eph. 1:20-22; Col. 3:1; Heb. 1:3; 8:1; 10:12; 12:2; 1Pet. 3:22). According to Scripture, therefore, Jesus Christ is now ruling from His heavenly throne, while all His enemies are being made into a footstool for His feet. The implications of these texts are inescapable: Christ has ascended to the throne, and He will not return until the last enemy has been defeated, at the Resurrection on the Last Day. “For He must reign, until He has put all His enemies under His feet.” (p.146)
 第4に、キリストの現在の支配は、その復活と昇天において始まり、「すべての敵を御自分の足の下に置くまで」を続く。この表明は詩編110編1節から来ている。そこで父なる神はご自分の御子に次のように言われている。「わたしの右の座に就くがよい。わたしはあなたの敵をあなたの足台としよう」。私達はキリストの昇天においてキリストが父の右の座に就かれたことを知っている(マルコによる福音書16章19節、ルカによる福音書22章69節、使徒言行録7章55~56節、ローマの信徒への手紙8章34節、エフェソの信徒への手紙1章20~22節、コロサイの信徒への手紙3章1節、ヘブライ人への手紙1章3節、8章1節、10章12節、12章2節、ペトロの手紙一3章22節)。それ故、聖書によれば、キリストは現在天の王座から支配しておられる。そして、その一方で全ての敵はキリストのための足台とされる。これらのテクストが示していることを無視することは出来ない。即ち、キリストは王座に就かれた。そして、最後の日の復活において〈最後の敵が破られるまではキリストは戻って来られない〉。「キリストはすべての敵を御自分の足の下に置くまで、国を支配することになっているからです」[コリントの信徒への手紙一15章25節]。

【コメント】