Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, p.58

Rousas John Rushdoony, The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.J.: Craig Press, 1973, p.58

"The fact of power is inseparable from law. Law is not law if it lacks the power to bind, to compel, and to punish. While it is a fallacy to define law simply as compulsion or coercion, it is a serious error to define law without recognizing that coercion is basic to it. To empty God of absolute  power is to deny that He is God. To separate power from law is to deny it the status of law. The fact that God repeatedly identifies Himself in Scripture as “the Almighty” (Gen. 17:1; 35:11; Ex. 6:3, etc.) is a part of His assertion of total sovereignty and hence His call to obedience."

〈訳〉権力の事実は法から切り離すことは出来ない。もし法に拘束する力が欠如しているならば、法は法ではない。法を単なる強制と定義することは誤った考えである。その一方で、強制力が法の基礎にあると認識することなく、法を定義することも重大な誤りである。神から絶対的な権力を奪うことは、この方が神であることを否定することである。法から権力を切り離すことは、法の地位を否定することである。聖書において神が御自身を「全能者」であると繰り返し位置付けておられるという事実は(創世記17章1節、35章11節、出エジプト記6章3節など)、完全な主権、そしてそれ故の服従の要求に関する主張の一部分である。