Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, p.69

Rousas John Rushdoony, The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.J.: Craig Press, 1973, p.69

"In Exodus 25-31; 35:4-39:43, the law is given concerning the building of the tabernacle, i.e., the tent of meeting: "And let them make me a sanctuary: that I may dwell among them. According to all that I shew thee, after the pattern of the tabernacle, and the pattern of all the instruments thereof, even so shall ye make it" (Ex. 25:8-9). This pattern had to be strictly followed, without variation. When the ideal or symbolic temple of the future, i.e., the Kingdom of Christ, is  portrayed through Ezekiel, again adherence to the pattern is required (Ezek. 43:10). This emphasis on the absoluteness of the pattern is spoken of also in Hebrews 8:5; 9:23."

〈訳〉出エジプト記25~31章、35章4節~39章43節において、幕屋、即ち会見の天幕の建設に関する律法が与えられている。「わたしのための聖なる所を彼らに造らせなさい。わたしは彼らの中に住むであろう。わたしが示す作り方に正しく従って、幕屋とそのすべての祭具を作りなさい」(出エジプト記25章8~9節)。この作り方を変えることなく、厳密に守らなければならなかった。将来の理想の神殿、或いは象徴的な神殿、即ちキリストの王国が、エゼキエルを通して示された時にも、再度作り方の遵守が求められている(エゼキエル書43章10節)。作り方の完全性の強調は、ヘブライ人への手紙8章5節、9章23節でも語られている。