Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 サムエル記上17章41~49節

聖書黙想 サムエル記上17章41~49節(新共同訳 旧約p.457)
「信仰よりも強い武器はない」

 ゴリアトが侮って、呪い、「お前の肉を空の鳥や野の獣にくれてやろう」と脅かしても、ダビデはその脅かしをものともしなかった。ダビデは、人間のいかなる武器よりも強い「万軍の主の名によって」ゴリアトに勝ち、全ての国が「イスラエルに神がいますことを認める」ようになると確信し、堂々と宣言した。ゴリアトが主なる神を蔑んだ時に「後退し、甚だしく恐れた」(24節)人々とは違い、ダビデは信仰により自らを武装し、力を尽くして戦った。そのようなダビデに主なる神は勝利を与えられた。結局ゴリアトは倒れた。ダビデのような勇気は主なる神への信仰から出てくる。信仰よりも強い武器はない。