Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 マルコによる福音書9章28~29節

聖書研究 マルコによる福音書9章28~29節(新共同訳 新約p.79)

【概要】

【歴史的背景】

【釈義】

【黙想】
祈りによらなければ

 弟子達はイエス・キリストにいつも付き従ってきた。それだけに自分の信仰のなさを認めるのは簡単ではなかった。そのため、弟子達は「いつでもわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか」(19節)と叱られながらも、自分達に悪霊を「追い出せなかった」理由を「ひそかに」イエス・キリストに尋ねた(28節)。
 それに対し、イエス・キリストは「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」(29節)と言われた。祈りは信仰のしるしである。祈りは主なる神のご主権を認める行為だからである。祈ることは、自分ではなく主なる神に拠り頼むことであり、自分の思いを捨てて主なる神の御心に耳を傾けることである。それ故、信仰によって献げる祈りに主なる神の御力が現れる。

【適用】
 私達が主なる神のご主権を認め、御力を信じ、主にお委ねすべき問題は何だろうか。

【祈り】