Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, p.96

Rousas John Rushdoony, The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.J.: Craig Press, 1973, p.96

"The problem of conflict cannot be resolved in any just and orderly manner in a relativistic society. Since every perspective, religion, and philosophy is made legitimate, and all people are made citizens, in effect every possible kind of law, and every possible culture, is admitted to legality. Either a repressive and totalitarian state then suppresses all, or all prevail and anarchy reigns."

〈訳〉相対主義的な社会では、いかなる正しく秩序だった方法をもってしても、対立の問題は解決され得ない。あらゆる視座、宗教、哲学が合法化され、全ての人々が市民とされるので、事実上、存在し得るあらゆる法律、あらゆる文化が合法と認められる。その時、抑圧的で全体主義的な国家が万人を押さえ付けるか、万人が優勢になり、無政府状態が支配することになる。