Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, p.88

Rousas John Rushdoony, The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.J.: Craig Press, 1973, p.88

"Finally, seventh, it should be noted that, while evangelical Christians today are greatly concerned with personal holiness, the Bible is also concerned with national holiness. The summons to be a holy people, repeatedly declared, has reference to the nation, called to be "an holy Nation" (Ex. 19:6). The holiness of a nation rests in its law structure. Where God's laws are enforced, and true faith protected, there a holy nation exists. The cutting edge of the law is the principle of national holiness. Without this foundation of law, no holiness can exist. By means of God's law, a nation devotes itself to life; without God's law, it is devoted to death, "cut off" from the only true principle of life."

〈訳〉最後に、第七に次のことが留意されるべきである。即ち、今日の福音派キリスト者は個人の聖潔には非常に関心を持っているが、聖書は国家の聖潔にも関心を持っている。聖い民であるようにという要請は、繰り返し宣言されているけれども、それは国家に関わるものであり、「聖なる国民」(出エジプト記19章6節)であるようにと呼びかけている。或る国家が聖いかどうかは、その国家の法体系に原因がある。神の法を施行され、真の信仰を保たれている所で、聖なる国民は存在する。法の重要部分は国家の聖潔の基本である。この法の土台がなければ、聖潔も存在し得ない。神の法によって、国家は自らを生命へと突き進ませる。神の法がなければ、国家は死へと突き進み、唯一にして真実の生命の原理から「切り離される」。