Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Gentry, He Shall Have Dominion, pp.249-250

Kenneth L. Gentry, Jr., He Shall Have Dominion: A Postmillennial Eschatology, Tyler, Texas, Institute for Christian Economics, 1992, pp.249-250

Extension Guaranteed

The Principle of Gradualism

“A proper understanding of the eschatological victory set forth in Scripture requires the recognition of an important redemptive-historical method of divine operation: gradualism - “here a little; there a little” gradualism (Isa. 28:10). This principle expects the developmental expansion of the kingdom over time. Contrary to postmillennialism, the dispensationalist and premillennialist operate on the basis of catastrophism. In their theological systems, the kingdom of Christ in all of its attendant glory will invade history as a great catastrophe. It will be introduced by wars and rumors of wars, as it is suddenly imposed on a recalcitrant world. The principle of gradualism, however, is well-grounded in Scripture.”

〈訳〉聖書において説明されている終末論的勝利の適切な理解は、神の御業の重要な贖罪的・歴史的方法、即ち「しばらくはここ、しばらくはあそこ」(イザヤ書28章10節)という漸進主義の認識を要求する。この原則は神の国が時と共に発展的に拡大することを期待している。千年期後再臨説とは対照的に、契約期分割主義者や千年期前再臨論者は〈大異変主義〉に基づいて動いている。彼らの神学体系では、キリストの王国は、それに伴う全ての栄光において、大異変として歴史に侵入する。キリストの王国は戦争や戦争の噂によって導かれる。というのは、それは反抗的な世に突然押し付けられるものだからである。しかし、漸進主義は聖書をしっかりと土台にしている。