Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖霊降臨節第11主日 2018年7月29日

聖霊降臨節第11主日 2018年7月29日

2018年7月29日、聖霊降臨節第11主日の礼拝を始めます。

【前奏】
※初めに、心を静め、主なる神の御前に出て礼拝する思いを整えましょう。

【招詞】ルカによる福音書12章48節

「すべて多く与えられた者は、多く求められ、多く任された者は、更に多く要求される」

※礼拝は主なる神の招きによって始まります。礼拝への招きの言葉が聖書から語られます。

詩編交読】詩編94編8~15節
旧約聖書詩編の一部を1節ずつ交互に読みます。

8 民の愚かな者よ、気づくがよい。無知な者よ、いつになったら目覚めるのか。
9 耳を植えた方に聞こえないとでもいうのか。目を造った方に見えないとでもいうのか。
10 人間に知識を与え、国々を諭す方に/論じることができないとでもいうのか。
11 主は知っておられる、人間の計らいを/それがいかに空しいかを。
12 いかに幸いなことでしょう/主よ、あなたに諭され/あなたの律法を教えていただく人は。
13 その人は苦難の襲うときにも静かに待ちます。神に逆らう者には、滅びの穴が掘られています。
14 主は御自分の民を決しておろそかになさらず/御自分の嗣業を見捨てることはなさいません。
15 正しい裁きは再び確立し/心のまっすぐな人は皆、それに従うでしょう。

【讃美】讃美歌21 6番「つくりぬしを賛美します」


讃美歌21 006

【讃美】讃美歌21 140番「み神のすまいは」


讃美歌21 140

【聖書朗読】
旧約聖書 申命記10章12節~11章1節(新共同訳 旧約pp.297-298)

 12 イスラエルよ。今、あなたの神、主があなたに求めておられることは何か。ただ、あなたの神、主を畏れてそのすべての道に従って歩み、主を愛し、心を尽くし、魂を尽くしてあなたの神、主に仕え、13 わたしが今日あなたに命じる主の戒めと掟を守って、あなたが幸いを得ることではないか。14 見よ、天とその天の天も、地と地にあるすべてのものも、あなたの神、主のものである。15 主はあなたの先祖に心引かれて彼らを愛し、子孫であるあなたたちをすべての民の中から選んで、今日のようにしてくださった。16 心の包皮を切り捨てよ。二度とかたくなになってはならない。17 あなたたちの神、主は神々の中の神、主なる者の中の主、偉大にして勇ましく畏るべき神、人を偏り見ず、賄賂を取ることをせず、18 孤児と寡婦の権利を守り、寄留者を愛して食物と衣服を与えられる。19 あなたたちは寄留者を愛しなさい。あなたたちもエジプトの国で寄留者であった。20 あなたの神、主を畏れ、主に仕え、主につき従ってその御名によって誓いなさい。21 この方こそ、あなたの賛美、あなたの神であり、あなたの目撃したこれらの大いなる恐るべきことをあなたのために行われた方である。22 あなたの先祖は七十人でエジプトに下ったが、今や、あなたの神、主はあなたを天の星のように数多くされた。
 1 あなたは、あなたの神、主を愛し、その命令、掟、法および戒めを常に守りなさい。

使徒書 ヘブライ人への手紙12章3~13節(新共同訳 新約p.417)

 3 あなたがたが、気力を失い疲れ果ててしまわないように、御自分に対する罪人たちのこのような反抗を忍耐された方のことを、よく考えなさい。
 4 あなたがたはまだ、罪と戦って血を流すまで抵抗したことがありません。5 また、子供たちに対するようにあなたがたに話されている次の勧告を忘れています。
「わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。主から懲らしめられても、力を落としてはいけない。
6 なぜなら、主は愛する者を鍛え、子として受け入れる者を皆、鞭打たれるからである。」
7 あなたがたは、これを鍛錬として忍耐しなさい。神は、あなたがたを子として取り扱っておられます。いったい、父から鍛えられない子があるでしょうか。8 もしだれもが受ける鍛錬を受けていないとすれば、それこそ、あなたがたは庶子であって、実の子ではありません。9 更にまた、わたしたちには、鍛えてくれる肉の父があり、その父を尊敬していました。それなら、なおさら、霊の父に服従して生きるのが当然ではないでしょうか。10 肉の父はしばらくの間、自分の思うままに鍛えてくれましたが、霊の父はわたしたちの益となるように、御自分の神聖にあずからせる目的でわたしたちを鍛えられるのです。11 およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです。
 12 だから、萎えた手と弱くなったひざをまっすぐにしなさい。13 また、足の不自由な人が踏み外すことなく、むしろいやされるように、自分の足でまっすぐな道を歩きなさい。

福音書 マルコによる福音書9章42~50節(新共同訳 新約p.80)

 42 「わたしを信じるこれらの小さな者の一人をつまずかせる者は、大きな石臼を首に懸けられて、海に投げ込まれてしまう方がはるかによい。43 もし片方の手があなたをつまずかせるなら、切り捨ててしまいなさい。両手がそろったまま地獄の消えない火の中に落ちるよりは、片手になっても命にあずかる方がよい。†45 もし片方の足があなたをつまずかせるなら、切り捨ててしまいなさい。両足がそろったままで地獄に投げ込まれるよりは、片足になっても命にあずかる方がよい。†47 もし片方の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出しなさい。両方の目がそろったまま地獄に投げ込まれるよりは、一つの目になっても神の国に入る方がよい。48 地獄では蛆が尽きることも、火が消えることもない。49 人は皆、火で塩味を付けられる。50 塩は良いものである。だが、塩に塩気がなくなれば、あなたがたは何によって塩に味を付けるのか。自分自身の内に塩を持ちなさい。そして、互いに平和に過ごしなさい。」

【祈祷】

信仰告白
※代々の教会が伝えてきた信仰告白である「使徒信条」を唱えます。

「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。主は聖霊によりてやどり、処女(おとめ)マリヤより生れ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府(よみ)にくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり、天に昇り、全能の父なる神の右に座したまえり。かしこより来たりて生ける者と死ねる者とを審きたまわん。我は聖霊を信ず。聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、身体のよみがえり、永遠(とこしえ)の生命(いのち)を信ず。アーメン」

【説教】

【讃美】讃美歌21 534番「キリストの使者たちよ」


Heralds of Christ (United Methodist Hymnal #567)

【主の晩餐】
※信仰を告白し、父と子と聖霊の名によるバプテスマを受けている方はパンと杯をお取り下さい。まだバプテスマを受けていない方、幼児洗礼のみで信仰告白をしていない方は、お取りにならないで下さい。まだ主の晩餐を受けることの出来ない方が、信仰の告白へと導かれ、バプテスマを受け、共に主の晩餐に与る日が来ることを待ち望んでいます。

【報告】

献金
※主なる神から受けた豊かな恵みに対する感謝と献身のしるしとして献げ物をします。

【主の祈り
イエス・キリストが私達に教えて下さった主の祈りを一同で献げます。

天にまします我らの父よ。
願わくは御名をあがめさせたまえ。
御国を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。
我らの日用の糧を今日も与えたまえ。
我らに罪を犯すものを我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。
我らを試みに会わせず、悪より救いいだしたまえ。
国と力と栄えとは、限りなく汝のものなればなり。
アーメン。

【頌栄】讃美歌21 24番「たたえよ、主の民」
※父・子(イエス・キリスト)・聖霊である三位一体の神を讃美します。

【祝福派遣】詩編67編2~3節

「神がわたしたちを憐れみ、祝福し/御顔の輝きをわたしたちに向けてくださいますように。あなたの道をこの地が知り、御救いをすべての民が知るために」

【後奏】