Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Norman Barry Welfare Justice, Equality and Welfare

Norman Barry Welfare Justice, Equality and Welfare
【関心・疑問】

【論文名】
6 正義・平等・福祉

【著者名】
Norman Barry (斎藤 俊明, 法貴 良一, 高橋 和則, 川久保 文紀訳)

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
Welfare, Concepts in the Social Sciences, Buckingham: Open University Press, 1999, 2nd ed.
(『福祉――政治哲学からのアプローチ』京都: 昭和堂, 2004年, pp.122-143)

【本文の構成】
1 政治思想における福祉の観念
2 功利主義と福祉哲学の起源
3 反個人主義――最小国家から福祉国家
4 自由主義政治経済学と福祉
5 個人主義批判と福祉の倫理
6 正義・平等・福祉
7 福祉・福祉国家・政治
8 福祉――追記

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
 自由主義思想には国家福祉に強固に反対するという伝統がある。それは、主として、個人の欲求を考慮せずに、ある社会がよい「状況」にあると述べることは、基本的に錯誤である、という主張にもとづくものである。完全自由主義者のロバート・ノジックは、彼の見解を述べるにあたって、この点を次のように指摘している。(邦訳p.123)

【コメント】