Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, pp.740-741

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, pp.740-741
【関心・疑問】

【論文名】
XIV. The Church

【著者名】
Rousas John Rushdoony

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.J.: Craig Press, 1973, pp.739-781

【本文の構成】
1. The Meaning of Eldership
2. The Office of Elder in the Church
3. The Christian Passover
4. Circumcision and Baptism
5. The Priesthood of All Believers
6. Discipline
7. Rebukes and Excommunication
8. Power and Authority
9. Peace

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
 The fact that the church took over the office of elder from Israel is an aspect of its claim to be the new and true Israel of God. The church was now God’s true synagogue, and its people the new Israel. The purpose of the office was to create a new society, the Kingdom of God, to institute the new creation by means of the discipline of its law-word. The seal of God’s approval on the church as the new Israel, and the elders as the new office-bearers of God’s law, was the laying on of hands and the implied anointing of the Holy Ghost (1 Tim. 4:14). (pp.740-741)

〈訳〉教会が長老の職務をイスラエルから引き継いだという事実は、神の新しい、そして真のイスラエルであるという教会の主張の一側面である。教会は今や神の真のシナゴーグであり、その民は新しいイスラエルであった。長老の職務の目的は、新しい社会、即ち神の国を構築することであり、律法の言葉の規律によって新しい創造を始めることである。教会が新しいイスラエルであり、長老が神の律法に関する新しい要人であることを神が承認した印は、按手であり、そこに含まれている聖霊の油注ぎである(テモテへの手紙一4章14節)。

【コメント】