Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

North, Millennialism And Social Theory, p.234

North, Millennialism And Social Theory, p.234
【関心・疑問】

【論文名】
9. The Sociology of Suffering

【著者名】
Gary North

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
Millennialism And Social Theory, Tyler, Texas: Institute for Christian Economics, 1990, pp.210-237

【本文の構成】
Preface
Introduction
1. Eschatology and the Millennium
2. What Is Social Theory?
3. Covenantal Progress
4. Pessimillennialism
5. The Society of the Future
6. Time Enough
7. Denying God's Predictable Sanctions in History
8. Historical Sanctions: An Inescapable Concept
9. The Sociology of Suffering
 A Covenant Lawsuit Without God’s Historic Sanctions
 Exercising Judgment
  Representation
 Progressive Sanctification
  Progress in the Creeds?
  Outside the Cloister and the Family
 Personal Moral Progress Only Through Suffering
 The Meek Shall Inherit the Earth, Not the Wimps
 Resurrection, Then Crucifixion
 Incurable Schizophrenia; or, St. Verbiage’s Dance
 The Consequences of Christ’s Resurrection and Ascension
  The Hermeneutic of Persecution
 Conclusion
10. Pietistic Postmillennialism
11. Will God Disinherit Christ's Church?
12. Our Blessed Earthly Hope in History
13. What Is to Be Done?
Conclusion
Appendix: The Lawyer and the Trust
For Further Reading

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
「婦人たちが行き着かないうちに、数人の番兵は都に帰り、この出来事をすべて祭司長たちに報告した。そこで、祭司長たちは長老たちと集まって相談し、兵士たちに多額の金を与えて、言った。「『弟子たちが夜中にやって来て、我々の寝ている間に死体を盗んで行った』と言いなさい。もしこのことが総督の耳に入っても、うまく総督を説得して、あなたがたには心配をかけないようにしよう。」兵士たちは金を受け取って、教えられたとおりにした。この話は、今日に至るまでユダヤ人の間に広まっている」(マタイによる福音書28章11~15節) (p.234)

 Bible-believing Christians must publicly affirm the reality of the bodily resurrection and ascension of Jesus Christ in history. This means that Christians must also affirm the consequences of both the resurrection and the ascension, including their social and cultural consequences. Amillennialism's hermeneutic of persecution is therefore not valid as a primary classification device to evaluate the entire work of the Church in history. There is more to the progress of the Church in history than its persecution. In short, there is more to Christianity's victory in history than its hypothetical cultural defeat in history. But this is what amillennialism explicitly and self-consciously denies. It proclaims cultural defeat. (p.234)

〈訳〉聖書を信じているキリスト者は、歴史におけるイエス・キリストの体の甦りと昇天の現実を公に主張しなければならない。このことは、キリスト者が復活と昇天の結果――それらの社会的・文化的な結果も含めて――も主張しなければならないということを意味する。それ故、迫害に関する無千年期説の解釈は、歴史における教会の働き全体を評価するための主要な分類の手段として妥当ではない。歴史においては教会の迫害よりもその進展の方が多く存在する。即ち、歴史における仮想の文化的敗北よりも、歴史におけるキリスト教の勝利の方が多く存在する。しかし、これは無千年期説がはっきりと、そして自覚的に否定することである。無千年期説は文化的敗北を主張する。

【コメント】