Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, p.449

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, p.449
【関心・疑問】

【論文名】
VIII. The Eighth Commandment

【著者名】
Rousas John Rushdoony

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.J.: Craig Press, 1973, pp.448-541

【本文の構成】
1. Dominion
2. Theft
3. Restitution and Forgiveness
4. Liability of the Bystander
5. Money and Measures
6. Usury
7. Responsibility
8. Stealing Freedom
9. Landmarks and Land
10. The Virgin Birth and Property
11. Fraud
12. Eminent Domain
13. Labor Laws
14. Robbing God
15. Prison
16. Lawful Wealth
17. Restitution to God
18. The Rights of Strangers, Widows, and Orphans
19. Injustice as Robbery
20. Theft and Law

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
 Clearly, there is no hope for man except in regeneration. The Shorter Catechism of the Westminster Divines, in dealing with the image of God declared: (p.449)

〈訳〉明らかに人間にとっての希望は再生を除いて存在しない。『ウェストミンスター小教理問答』は神の像について論じる中で次のように宣言した。


Q. 10. How did God create man?
A. God created man male and female, after his own image, in knowledge, righteousness, and holiness, with dominion over the creatures (Gen. 1:26-28; Col. 3:10; Eph. 4:24). (p.449)

問10 神は、人間をどのように創造されましたか。
答 神は、知識と義と聖性において御自身のかたちに従い、被造物に対する支配権を持つ者として、人間を、男性と女性に創造されました。(創世記1章26~28節、コロサイの信徒への手紙3章10節、エフェソの信徒への手紙4章24節)。


 The salvation of man includes his restoration into the image of God and the calling implicit in that image, to subdue the earth and to exercise dominion. Hence, the proclamation of the gospel was also the proclamation of the Kingdom of God, according to all the New Testament. (p.449)

〈訳〉人間の救いは、神の像、及びその像に内在する召命、即ち地を従わせ、支配権を行使することの回復を含んでいる。それ故、新約聖書の全ての文書によれば、福音の宣言は神の国の宣言でもあった。

 A radical deformation of the gospel and of the redeemed man’s calling crept into the church as a result of Neoplatonism. Dominion was renounced, the earth regarded as the devil’s realm, the body despised, and a false humility and meekness cultivated. Dominion was regarded as a burden of the flesh rather than a godly responsibility. Especially with Pietism, Jesus was pictured as meek and helpless, pacifistic and mild of manner. (p.449)

〈訳〉福音の、そして贖われた人間の召命の根本的な変質は、新プラトン主義の結果として教会に忍び込んできた。支配権は放棄され、地は悪魔の領域と見なされた。また、体は軽蔑され、そして、偽りの謙遜と柔和さが育まれた。支配は神に対する責任というよりも寧ろ人間の重荷と見なされた。特に敬虔主義と共に、イエスは態度に関して大人しく無力で、平和主義的で穏やかな存在として描かれた。

【コメント】