Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, Our Threatened Freedom, pp.37-38

Rousas John Rushdoony, “Were There Christians in the Continental Armies?,” Our Threatened Freedom: A Christian View on the Menace of American Statism, Vallecito, CA: Chalcedon/Ross House Books, 2014, pp.37-38

 In 1832, about fifty years after the War for Independence ended, Congress passed a pension act for the veterans of that war. The applicants were interviewed, and their stories were recorded by a court reporter or clerk. Some of these recorded stories, edited by John. C. Dann, have been published recently under the title The Revolution Remembered: Eyewitness Accounts of the War for Independence.

〈訳〉独立戦争終結からおよそ50年後の1832年に、議会は独立戦争の退役軍人のための年金法を可決した。応募者は面接され、彼らの話は裁判所の記録係または事務員によって記録された。これらの記録の一部が、ジョン・C. ダンによって編集され、『革命の記録――独立戦争の目撃者の報告』という題で最近出版された。

 Something is at once apparent upon reading these accounts: almost none of the applicants for pensions were churchgoers. Does this mean that Christians were absent from the ranks of soldiers during the War for Independence? Were there no Christians with Washington at Valley Forge or elsewhere? Were not most Americans supposed to be Christians in those days? How do we account for the absence of Christians in these narratives?

〈訳〉これらの報告を読むと、或ることがすぐに明らかになる。即ち、年金の申請者に教会の出席者は殆どいなかった。このことは、キリスト者独立戦争の間、兵隊の中にいなかったことを意味するのだろうか。キリスト者はバレーフォージや他のどこかにおいてワシントンと共にいなかったのだろうか。大部分のアメリカ人はその頃キリスト者ではなかったのだろうか。私達はこれらの物語においてキリスト者の不在をどのように説明すればよいのだろうか。

 The answer is a surprisingly simple one. Almost all the Christian veterans refused to apply for pensions. Many churches then were against any Christian receiving public funds. They took very seriously the requirement of 1 Timothy 5:8 “[I]f any provide not for his own, and specially those of this own house, he hath denied the faith, and is worse than an infidel.” These churches believed it was necessary for a family to care for its own needy members, and, lacking godly relatives, a man’s fellow believers must care for him. As a result, there were few churchgoers among these first American pensioners. The church then stood for something.

〈訳〉答えは驚くほど単純なものである。キリスト者の退役軍人は殆ど全て年金を申請することを拒否したのである。当時多くの教会はキリスト者公的資金を受け取ることに反対した。諸教会はテモテへの手紙一5章8節の要求を真剣に受けとめていた。「自分の親族、特に家族の世話をしない者がいれば、その者は信仰を捨てたことになり、信者でない人にも劣っています」。これらの教会は家族が自らの貧しいメンバーの世話をすることが必要であると信じていた。そして、神を信じる親族がいない場合には、その人の仲間の信仰者が彼の世話をしなければならなかった。その結果として、これらのアメリカ初の年金受給者の間で教会出席者は殆どいなかった。その時教会は何かのために戦っていたのである。

 Today, although 53.8 percent of all adults eighteen years old and above profess to be born again Christians, not half of them can name five of the Ten Commandments. (How many can you name, by the way?) They stand for next to nothing because they know next to nothing about faith. They “have” it as a form of life insurance.

〈訳〉今日、18才以上の全成人の53.8%が再生したキリスト者であると公言している。しかし、十戒の第五戒を正しく言えるのは半分もいないのではないか。彼らは信仰について殆ど何も知らないので、何のためにも戦うことがない。彼らは生命保険の一形態として信仰を「持っている」のである。

 We also have――in 1980――numerous politicians who profess to be born-again Christians. It seems to make very little, if any, difference to their lives and politics. Like all too many Americans, they are warm bodies in church, not living souls.

〈訳〉私達はまた――1980年において――再生したキリスト者である公言する多数の政治家を持っている。もしそうであるとしても、そのことは彼らの生き方や政治観にとって殆ど重要ではない。余りにも多くのアメリカ人と同様に、彼らは教会における熱心な体ではあっても、生きた魂ではない。

 But without the faith, the character necessary for freedom quickly disappears. No politician can make much difference to a country. It take a free people to create the climate of freedom, and today we have a people who regard it as smart to get all they can out of the public trough. As a result, freedom is giving way to slavery. How many churches today who claim to be faithful would stand in terms of 1 Timothy 5:8 as the churches of 1832 did?