Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 ミカ書6章1~8節

聖書研究 ミカ書6章1~8節(新共同訳 旧約pp.1455-1456)

【概要】
 主なる神が山と地の基を証人とし、イスラエルのために今までなさった御業について語られる。イスラエルの民は生贄によって主なる神を喜ばせようとした。しかし、主なる神が求めておられるのは「正義を行い、慈しみを愛し/へりくだって神と共に歩むこと」である。

【歴史的背景】

【釈義】

【黙想】
(1) 主なる神の告発(1~5節)

 主なる神はむやみに裁かれる方ではない。主なる神はイスラエルを裁く前に弁論の席に呼ばれる(2節)。「主の告発」の要旨は、主なる神はこれまでイスラエルに義を行ってきたということである。主なる神は、イスラエルがエジプトで奴隷生活をしていた時、彼らを救い出した。荒れ野での40年間、「モーセとアロンとミリアム」という忠実な指導者を立てて、彼らを導かれた(4節)。また、モアブの地ではバラムとバラクの邪な企みを覆し、バラムの口から祝福が出てくるようにされた(5節、民数記22~24章)。そして、シティム(ヨルダン川の東にあるイスラエルの最後の駐屯地)からギルガル(ヨルダン川の西にあるイスラエルの最初の駐屯地)まで、ヨルダン川の水を止めて渡らせた(5節)。主なる神が行われた「恵みの御業」(5節)を思い起こす時、主なる神の裁きについて何の反論も出来なくなる。

(2) 主が求めておられること(6~8節)

 主なる神の告発に続くイスラエルの問いは、彼らの霊的無知を露わにしている。彼らは、どのようにして「いと高き神にぬかずくべきか」(6節)、主が何を「喜ばれる」か、自分の罪をどのように処理すべきか知らなかった。誠意を尽くせば、主なる神は喜ばれるに違いないと考え、献げ物の種類と価値だけに関心を向けた。更に、彼らは、自分の子供を生贄として献げれば、罪が赦されると考えた(6~7節、レビ記18章21節)。しかし、主なる神が「求めておられる」のは「正義を行い、慈しみを愛し/へりくだって神と共に歩むこと」(8節)である。律法に従って御心を行い、主なる神の秩序を立てることが「正義を行」うことであり、他の人の弱さを包み、覆うことが「慈しみを愛」することである。そして、自分の基準ではなく主なる神の基準に従うことが「へりくだって神と共に歩むこと」である。主なる神が受けられる真の礼拝は、主なる神の御言葉に従う思いと生活の変化、即ち従順にある。

【適用】
1. 人生を振り返る時、主なる神は今まで私達のためにどのようなことを行われ、私達にとってどのような方であると告白出来るか。

2. 主なる神にどのように仕えているか。信仰生活と人生の中で主なる神が喜ばれないと考えられることは何か。

祈り
「正義を行い、慈しみを愛し/へりくだって神と共に歩むこと」を主は願われます。簡単なことではありませんが、これらを心に刻むことが出来るようにして下さい。