Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

EJPD, Zivilverteidigung (原書房編集部訳『民間防衛』p.16)

Eidg. Justiz- und Polizeidepartement im Auftrag des Bundesrates, Zivilverteidigung, Aarau: Miles, 1969
(原書房編集部訳『民間防衛――あらゆる危険から身をまもる』東京: 原書房, 1995年, 新装版, p.16)

「この注意深く見守ることによって、制度の改革が求められてくる。それは、改革であって、めくら滅法の破壊ではない。革命は、しばしば、益よりも害となる。革命のあとの恐怖政治は、歴史の示すとおり、独裁制による血まみれの様相を呈した。無秩序は、結局、暴君が現われて鞭をふるうことを求める」