Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Schaeffer, The God Who Is There, p.139 (多井訳『そこに存在する神』p.225)

Francis A. Schaeffer, The God Who Is There: Speaking Historic Christianity into the Twentieth Century, London: Hodder & Stoughton, 1968, p.139
(多井 一雄訳『そこに存在する神――20世紀に問うキリスト教宣教』東京: いのちのことば社, 1971年, p.225)

第五部 任意の選択にまかせられない予備的福音伝道

一 今日の世代へのキリスト教信仰の推薦

信仰の擁護

キリスト教弁証学には二つの目的がある。第一の目的は擁護である。第二の目的は、ある特定の世代が理解できるようなしかたで、キリスト教を伝達することである」