Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Schaeffer, The God Who Is There, p.139 (多井訳『そこに存在する神』p.225)

Francis A. Schaeffer, The God Who Is There: Speaking Historic Christianity into the Twentieth Century, London: Hodder & Stoughton, 1968, p.139
(多井 一雄訳『そこに存在する神――20世紀に問うキリスト教宣教』東京: いのちのことば社, 1971年, p.225)

「もしも自己の知的誠実さを堅持し、自己の人格的・霊的・知的生活を統一させようと考えるならば、このような解答は、何よりもまず、クリスチャンである私自身に必要である。第二に、このような解答は、私が責任を負っている人々にも必要なのである」