Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Mises, Economic Policy (村田訳『自由への決断』p.20)

Ludwig von Mises, Economic Policy: Thoughts for Today and Tomorrow, South Bend, Ind.: Regnery/Gateway, 1979
(村田 稔雄訳『自由への決断――今日と明日を思索するミーゼスの経済学』東京: 広文社, 1980年, p.20)

「もちろん、われわれからみれば労働者の生活水準はきわめて低く、初期の資本主義の下での生活状態はまったくショッキングなものでしたが、新しく発達した資本主義的工業が労働者をひどい目に会わしたからではありません。工場で働くために雇われた労働者は、すでに人間以下といってよい生活水準で暮していたのです」