Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Hazlitt, Economics in One Lesson (村井訳『世界一シンプルな経済学』p.224)

Henry Hazlitt, Economics in One Lesson, New York: Crown, 1979
(村井 章子訳『世界一シンプルな経済学』Nikkei BP Classics, 東京: 日経BP社 (発売 東京: 日経BP出版センター), 2010年, p.224)

「たとえば『週四〇時間労働に対して賃金は最低でも一〇六ドル以上とする』と定めた法律が成立するとしよう。すると最初に起きるのは、雇用主から見て週一〇六ドルに値する労働を提供できない人は雇用されない、ということである。一定限度未満の賃金を違法にしたところで、それ以上の価値を提供できる労働者を生み出せるわけではない。雇用されなくなった労働者にも、その人の能力や条件で何とか稼げる賃金水準というものがあっただろう。この法律は、それを得る権利を労働者から奪うだけである。同時に社会は、この労働者が提供できた安価なサービスを受けられなくなる。端的に言えば、雇用主は低賃金を払う代わりに解雇する。これでは多くの人が痛手を被り、収入の道が途絶えてしまう」