Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Hazlitt, Economics in One Lesson (村井訳『世界一シンプルな経済学』p.50)

Henry Hazlitt, Economics in One Lesson, New York: Crown, 1979
(村井 章子訳『世界一シンプルな経済学』Nikkei BP Classics, 東京: 日経BP社 (発売 東京: 日経BP出版センター), 2010年, p.50)

「個人所得に五〇%、六〇%、七〇%の税率が適用されているときにも、同じようなことが起きる。一年のうち六カ月、七カ月、あるいは八カ月以上も政府のために働き、自分や家族のために働けるのが六カ月、五カ月あるいは四カ月にも満たないのはどういうわけか、と人々は考えるだろう。損をすればまるまる自分が引き受けなければならないのに、稼いだ分は一部しか受け取れないとなれば、自分のお金でリスクを冒すのはばかげた行為になる。それに、貯まる前に税金で持って行かれてしまうので、リスクテークに使える分がそもそも少ない。つまり、新事業を興すための資金はまず入ってこないし、いくらか入ってきた分についても、リスクを冒すのはためらわれる。したがって政府は公共事業で失業問題を解決したと言うけれども、別の場所で雇用を失っているのである」