Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Rushdoony, Romans & Galatians, p.397

Rousas John Rushdoony, Romans & Galatians, Vallecito, California: Ross House Books, 1997, p.397

“Paul has indicted the Pharisees in the church for externalism. Circumcision has its place in God’s law, but it is not equivalent to salvation. Neither is physical descent from Abraham, whose true seed is Christ. The law must be written in all man’s being; it is not the way of salvation, but the way of sanctification. The holiness required by the law is manifested in the life governed by the Holy Spirit, so that the fruits of the Spirit are the results of a faithfulness to the law with all our heart, mind, and being.”

〈訳〉割礼は神の律法において役割を持っている。しかし、それは救いに相当するものではない。……律法は救いの手段ではなく、聖化の手段である。律法によって求められている聖さは、聖霊に支配される人生において明らかにされる、そういうわけで、聖霊の実は私達の心、精神、そして存在の全てによる律法への忠実さの結果である。