Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 歴代誌上20章1~3節

聖書黙想 歴代誌上20章1~3節(新共同訳 旧約p.656)
「アンモン人の地の征服」

 戦いで勝利を重ねることは、主なる神の特別な恵みである。20章は18章から始まった征服戦争の結びの部分である。「王たちが出陣する時期」とは、戦いに適した〈乾季の到来〉を意味する。ヨアブは、時を逃さず、アンモン人の首都ラバを陥落させた。この時、ダビデがアンモン人の「王の冠」を頭に被ったことは、ダビデの王国の勢力が頂点に達したことを示している。このように、ダビデは主なる神の約束に力づけられ、イスラエルを苦しめていた周辺諸国を征服し、王国を堅く建てていった。ダビデの王国が堅固になったのは、主なる神がダビデに勝利を与えて下さったからである。また、ヨアブをはじめとする勇士達の献身があったからである。全能者の助けと同労者の献身は、最上の結果を生み出す。