Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 歴代誌上27章25~31節

聖書黙想 歴代誌上27章25~31節(新共同訳 旧約p.666)
「王室財産の管理」

 主なる神は、ご自分の民を栄えさせ、強くされる方である。主なる神がダビデに注がれた祝福は、ダビデ王の豊かさにもよく現れている。ダビデは、王室の財政のために民から税金を徴収する代わりに、自らが所有していた「畑」や「ぶどう畑」、「オリーブといちじく桑」、家畜などによる収入を経費に充てたようである。本文に紹介されている人々は、「ダビデ王の財産」を管理する「責任」を任されていた。このように、生活の基礎を支える人々がいなければ、ダビデの王国は決して長続きしなかった。どのような共同体であれ、基本的な部分から計画性をもって管理し、立ち上げていく時、共同体は揺るがされることなく維持される。