Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

黒川『内村鑑三と再臨運動』p.151

黒川 知文『内村鑑三と再臨運動――救い・終末論・ユダヤ人観』東京: 新教出版社, 2012年, p.151

「内村は徹底した聖書無謬論者であった。聖書はすべて誤りのない神の言葉であることを信じる者であった。このような徹底した聖書信仰に立ち、啓示としての聖書の言葉からイエスの再臨を主張したのである」