Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ルカの福音書2章15~20節

聖書黙想 ルカの福音書2章15~20節(新改訳 新約p.100)
「神の言葉に従った羊飼い達」

 使命は従順によって成し遂げられます。神はまず貧しく力のない人々のところに行かれます。この世では価値ある情報であればあるほど、地位の高い人や強い権力を持つ人々に先に知らされます。しかし、神は、大いなる知らせを、身分の低い羊飼い達に、最初に伝えられました。羊飼い達は、御使いが天に帰ると、全てを置いて、急いで行き、ヨセフ夫婦と嬰児を捜し出し、彼らに御使いからのメッセージを伝えます。そして、自分達が見聞きした全てのことの故に神をほめたたえます。こうして羊飼い達は使命を忠実に果たします。神は、純粋な心で福音を聞く人、見聞きしたことについて、正直に、躊躇うことなく証しする人を見て、喜ばれます。