Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Strohm, Johannes Calvin (菊池訳『カルヴァン』p.145)

Christoph Strohm, Johannes Calvin: Leben und Werk des Reformators, C. H. Beck Wissen in der Beck’schen Reihe; 2469, München: C. H. Beck, 2009
(菊地 純子訳『カルヴァン――亡命者と生きた改革者』東京: 教文館, 2016年, p.145)

「摂理の教義と予定論で、カルヴァンは、アウグスティヌスの遺産をふさわしく先鋭化した。神の栄誉と栄光を増すこと(神の栄光 gloria Dei)が、選びのみならず、また棄却の教えの目的だった。棄却された者たちは『正しいけれども究めがたい神の裁きに従って、みずからの劫罰により神の栄光を讃美するよう目覚めさせられる』(Inst. III, 24, 14, CO 2, 724; OS 4, 426)」