Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

山本「キリスト教と経済学」『現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム』p.169

山本 栄一「キリスト教と経済学――問題の所在とカルヴィニズムへの道」森川 甫編『現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム』西宮: 関西学院大学共同研究「現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム」 (発売 東京: すぐ書房), 1987年, p.169

「経済理論の中に人間性の復位をはかろうとする現代経済学の動向の中で、キリスト教がその役割をはたそうとする時、現代経済理論に前提されている功利主義的世界観・人間観を、カルヴィニズムが持つキリスト教世界観の光に照らし出して、その有効性と限界を明らかにし、そこから経済上の課題にわれわれが主体的に人格的に対処する道を摸索するために、同じく導き出されてくるキリスト教経済倫理を具体的に適用する方向に歩むといった全体的見通しを立てることができる」