Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ルカの福音書10章38~42節

聖書黙想 ルカの福音書10章38~42節(新改訳 新約p.123)
「良い方を選んだのです」

 御言葉の前に貧しい心で立つことよりも、優先するべきことはありません。マルタは客をもてなすために忙しくし、マリヤは主人であるイエス・キリストの足もとに座って御言葉を聞く準備をします。マルタはイエス・キリストのために肉の糧を準備することに全神経を尖らせ、マリヤはイエス・キリストから得られる命の糧に対する期待に満ちています。二人の違いは、イエス・キリストが誰であるかを知っているかどうかによります。イエス・キリストは、神の言葉です。まず神の言葉から出る恵みを味わう時、不平が消え、感謝と奉仕が溢れ出ます。主と交わることが、人生最高の選択なのです。