Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ルカの福音書2章34~38節

聖書黙想 ルカの福音書2章34~38節(新改訳 新約p.101)
「シメオンの預言とアンナの感謝」

 イエス・キリストは光と命として来られました。ところが、イエス・キリストの故に、多くの人は倒れ、また立ち上がり、剣が心を刺し貫くように苦しむ人もいます。一方、或る人々には主との出会いが一生の待望の末に果たされる感激的な祝福となります。年をとった女預言者のアンナは、宮を離れず、昼も夜も断食し、祈りをもって神に仕えていましたが、丁度両親と一緒に宮に来られた幼子イエス・キリストに会い、神に感謝を献げます。神はご自分を信じる人々を実に正確なタイミングで導いて下さいます。たった一度の出会いでしたが、アンナは喜びに満たされ、人々に幼子イエス・キリストのことを語りました。イエス・キリストとの出会いには、いつも素晴らしい恵みが溢れます。