Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 詩編105編7~15節

聖書黙想 詩編105編7~15節(新共同訳 旧約p.943)
「契約の神」

 契約は関係から始まります。神は契約を通してご自分の民に対する意志と誓いと保護を宣言されました。神はアブラハムにカナンの地を嗣業として与えると約束されました。この契約はアブラハムと交わされた約束ですが、その子イサクとヤコブ、更に後の世代を通して現在まで続いている永遠の契約です。神は選ばれた民を異邦の民族や諸国の王から積極的に保護して救われました。神は彼らが寄留者であった時も、彷徨っていた時も、いつも共におられました。同じように、聖徒も神に対する自分の意志と献身と従順を約束しなければなりません。どこにいても、何をするにも、神がなされた御業と奇蹟、そして裁きを覚えて、神との契約の中に留まらなければなりません。