Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

エルドリッヂ「二つのオキナワ」『沖縄の危機!』pp.128-129

ロバート・D・エルドリッヂ「二つのオキナワ――報道される沖縄と報道されない沖縄の本当の姿」兼次 映利加編『沖縄の危機!――「平和」が引き起こす暴力の現場』東京: 青林堂, 2017年, pp.128-129

〈構成〉
1章 私の高江体験記
2章 「オール沖縄」と闘う離島の島々
3章 二つのオキナワ――報道される沖縄と報道されない沖縄の本当の姿
4章 沖縄こそ日本再建の基地
5章 沖縄が好きだから、言うべきは言う

〈引用〉
職員組合と学校

 大学や学者以外、高等学校、中学校、小学校の教員達も思想的に活動しており、教室での学習に支障が出ている。先生達は、ビラの配布などによって基地反対の大会やその他の集会に生徒を半強制的に動員している。他には、授業や遠足の一環として、生徒を反対運動の集会や活動に参加させる例もあった。さらに、基地との交流を極端に避け、軍人による学校訪問を阻止している。事例として、沖縄での最高の米軍関係者である四軍調整官(海兵隊中将)は、招待を受けたある小学校を訪問しようとした際、教員などによって拒否された。