Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 詩編105編7~15節

聖書黙想 詩編105編7~15節(新共同訳 旧約p.943)
「契約を永遠に覚えておられる主」

 神はどんなに劣悪な状況でも契約を果たすことの出来る全能者である。聖書に記された神の多くの約束は、過去に既に果たされ、現在も果たされており、未来にも果たされる。神は、アブラハム、イサク、ヤコブと結ばれた契約、そして、イスラエルに「カナンの地を嗣業として継がせ」ると言われた契約を永遠に覚えておられる。イスラエルの民が「数少なく」、「寄留の民」として渡り歩く弱い存在だった時も、神は契約通り彼らを守られた。神の永遠の契約は、数千年が過ぎた今日の私達にも有効である。神はご自分の民と結ばれた契約を永遠に覚えておられ、必ず守られる。神が立てられた契約の確実性と普遍性は、不確実な時代を生きる私達に大胆さと望みを与える。