Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

中島『「人間嫌い」のルール』p.134

中島 義道『「人間嫌い」のルール』PHP新書; 468, 東京: PHP研究所, 2007年, p.134

〈引用〉
 他人の評価に一喜一憂しないこと、これは他人からの独立を目指すためには必須不可欠なルールである。だが、これを実践することは、私にとってとりわけ難しいものであった。少年時代、青年時代を通じて、そして、半隠遁を実践した五十歳に至るまで、私は他人から評価されることを主要動機にして動いていたとすら言える。ことに権威ある他人からの評価は絶対であった。なにしろ褒められたい、賞賛されたい、一番優れていると評価されたいという、からだがおしつぶされるほどの欲求があった。