Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

上田『信徒のための教会論入門』p.58

上田 光正『信徒のための教会論入門』東京: 日本伝道出版株式会社, 1998年, p.58

〈引用〉
 以上のことから、わたしたちは正統的信仰を高く掲げる正統的な教会を形成することを少しも恥じる必要がないことを知ることができる。正統的信仰とは、代々の教会と共に神を正しく知る信仰である。神を正しく知るとは、神への深い恐れをもって神を知ることである。なぜなら、「主を恐れることは知識のはじめである」(箴言一・七)からである。