Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

White, Introduction to Christian Worship (越川訳『キリスト教の礼拝』p.235)

James F. White, Introduction to Christian Worship, Nashville, TN: Abingdon Press, 1990, rev. ed.
(越川 弘英訳『キリスト教の礼拝』東京: 日本基督教団出版局, 2000年, p.235)

〈引用〉
 み言葉の礼拝の形式はこれから後もいろいろな展開を遂げていくことであろう。しかし、それが果たすべき本来の機能、すなわち教会が過去を想起し未来に対する希望を生み出すというみ言葉の礼拝の機能は、今後もほとんど変わることなく存続しつづけていくことであろう。ちょうどイスラエルの「生き残り」がシナゴーグ礼拝に負うものであったように、教会の「生き残り」もまたみ言葉の礼拝にかかっているのである。