Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 歴代誌下20章20~30節

聖書黙想 歴代誌下20章20~30節(新共同訳 旧約p.696)
「神が果たされた驚くべき救い」

 私達の信仰は神の力と御言葉に対する反応に現れる。ヨシャファトは民に、神と預言者を信じるようにと励ました。また、民と相談して「主の聖なる輝きをたたえる者」を選び、「軍隊の先頭」に出て行かせ、歌わせた。これは神の約束に対する確固たる信頼を示している。彼らが賛美を始めた時、神は備えていた伏兵によって連合軍を討ち、また敵同士が討ち合うようにされた。連合軍は兵力や戦術、戦略でユダを圧倒したが、宇宙の統治者である神の力と知恵には敵わない。神の約束に信頼した結果は、勝利と賛美と平安である。危機の中で、ただ主に縋り、主だけに目を注ぎ、約束の御言葉に堅く信頼するなら、ベラカ(たたえること、26節)の谷の主人公となる。