Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 イザヤ書11章6~9節

聖書黙想 イザヤ書11章6~9節(新共同訳 旧約p.1078)
「平和な国」

 弱肉強食の原理が支配するこの世では、権力のある人が弱い人を抑えつける。最新の武器を多く保有し、経済的に豊かな強大国の暴力によって、多くの人が不安に怯えている。しかし、義なる統治者が来られれば、この世に平和が訪れる。それは、或る一部の人達だけではなく、全ての人が幸せな真の平和である。主と出会う前には、私達には真の安息や平和はない。将来メシアが来られ、主を信じる人が増えていけば、この世は楽園のように変わるだろう。罪が入り込む前のエデンの園のように、人と人との間に、そして動物と動物との間に平和が訪れるだろう。これがまさに、私達が全ての人に福音を伝えなければならない理由である。