Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ルカによる福音書3章15~20節

聖書黙想 ルカによる福音書3章15~20節(新共同訳 新約p.106)
「麦と殻」

 イエスは、聖霊の火でバプテスマを施す方であり、農夫のように箕によって自分の「脱穀場」で「麦」と「殻」を分けられる。ヨハネのメッセージは徹底してメシアに集中している。メシアは行いを裁き、最後の審判者となられるというのである。ヨハネのメッセージは「領主ヘロデ」にとってとても苦い薬のような叱責のメッセージだったので、ヘロデは自分の権力を利用して「ヨハネを牢に閉じ込めた」。悔い改めの実を結ぶために努力するのではなく、叱責に対する怒りを表出した。私達の人生は罪による結果として決まっているようであるが、正確にはその罪に対する反応によって決定される。全ての人間は罪の前に無力である。ただ、その罪に対してどう反応し、どう悔い改めるかによって、「麦」になるか、「殻」になるかが決まる。