Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 マルコによる福音書7章20~23節

聖書黙想 マルコによる福音書7章20~23節(新共同訳 新約p.75)
「心から出て来る悪い思い」

 イエスは心の清さを強調し、「人から出て来るものこそ、人を汚す」と二度も繰り返して言われた(20、23節)。イエスは心から出る12の「悪い思い」について述べられた。その内の多くがパウロの手紙にも出てくる(コリントの信徒への手紙一5章10~11節、ガラテヤの信徒への手紙5章19~21節など)。ここで言及された悪いものは、十戒とも緊密に繋がっている。「殺意」(第六戒)、「みだらな行い」と「姦淫」(第七戒)、「盗み」(第八戒)、「詐欺」と「悪口」(第九戒)、「貪欲」(第十戒)である。マタイによる福音書の中でも、イエスは、十戒の真の精神は心のあり方にあるということを教えられている。即ち、兄弟に腹を立て、悪口を言うことも殺人であり、情欲を抱いて女を見ることも姦淫であるというのである(マタイによる福音書5章21~32節)。世と区別されたクリスチャンの生き方は、心の清さから始まる。