Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 コロサイの信徒への手紙2章16~17節

聖書黙想 コロサイの信徒への手紙2章16~17節(新共同訳 新約p.370)
「律法ではなく福音によって」

 救いは律法ではなく福音の力による。律法は聖徒を福音に導く養育係である。ユダヤ人の中には「食べ物や飲み物のこと、また、祭りや新月安息日のこと」を守らなければ救われないと主張する人がいた。しかし、律法は「やがて来るものの影にすぎず」、「実体」であるイエス・キリストが来られたことにより根本的に全うされた。イエス・キリストが律法を既に完成されたにもかかわらず、今なお律法を遵守しなければ救われないと考えることは福音に対する冒瀆である。