Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 エレミヤ書5章7~9節

聖書黙想 エレミヤ書5章7~9節(新共同訳 旧約p.1183)
「豊かさによる姦淫」

 神が与えた富と豊かさが聖徒の霊的生活において罠にならないように、目を覚ましていなければならない。人は豊かで平安になると怠惰になり、罪の沼に陥っていく。神はご自分の民を愛し、多くの祝福を下さった。しかし彼らは神に仕えず、他の神々や偶像に仕えた。霊的な堕落は肉体的な堕落を引き起こし、民の生活は放縦へと向かった。社会の倫理と道徳は地に落ち、「情欲に燃える」民は「隣人の妻」を欲しがり、「姦淫を犯し」た。サタンはこのような生活が楽しく美しいものであるかのように騙す。聖徒の生活はこの世の価値と区別されなければならない。罪の生活は必ず神の怒りをもたらす。神の怒りを避けるために罪の生活から立ち返り、十字架の前に出て行こう。